MTB&road

飯豊連峰はいいな

Photo

暑いので涼しそうな動画送ります

飯豊連峰は麓まで行っていいなと思いました

もうこの数年アルペンから遠ざかってます

うらやましいhttp://yamagata-np.jp/feature/iide2010/ 山形新聞からコピペしました

今年の夏こそと思ってましたが

自転車80キロ走って もういいよと根性なしを自覚しましたので 山はあきらめます

続きを読む "飯豊連峰はいいな"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

童神

夏川りみ さん 出産おめでとうhttp://www.sanspo.com/geino/news/100820/gnb1008202126001-n1.htm

興南 決勝戦進出おめでとう

阪神 首位 おめでとう

で 胎教ソングの 童神 ヤマトグチhttp://www.youtube.com/watch?v=GLWsZmfU10Y

古謝 美佐子のわらびがみhttp://www.youtube.com/watch?v=V7V-wJYlggc&feature=related

コジャさんはネーネーズの初期メンバーで プロデューサーの知名 定男のメジャー路線と音楽的にあわず

飛び出して 琉歌への原点志向 ウチナーグチで歌いたい という感じかな

オヤジは ライブ 一度だけ いって 歌聴きながら 涙こぼれましたね

天架ける橋 のCD ものすごく いいですよ

童神 は NHKの みんなの歌で 紹介され 胎教できかせると あばれるお腹の子が やさしくなるというので

ちょうど ピアノ売って 頂戴♪ の高音に幼児が 気をひかれるような 感じみたいらしい

夏川 りみ も同じような 音楽を指向しているように思います

では 八重山民謡 月ぬ 美しゃhttp://www.dailymotion.com/video/xgwr1f_rimi-natsukawa-yyyyy-yyyyy_music 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3回も転倒 ビンディングに慣れないと

MTBでも危ないと思った時は 無理せず 自転車降りて 歩いていたので 転倒の記憶はないのですが

今日だけで 3回転びました

ビンディングが慣れないと 外れないのです

淀川の河川敷も海から陸に大体風が吹いているのも学習しました

八幡の背割り堤で休憩していると 

ロードに乗った人が 次々と

何が楽しいんでしょうかね 

この糞暑いのに わざわざアスファルトの照り返しで顔も腕も真っ赤に日焼けしちまった

続きを読む "3回も転倒 ビンディングに慣れないと"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6時間も自転車にのりつづけて お尻が痛い

12日約80キロくらいですが5時間ちかく自転車にのりたおし もう沢山という気持ちになりました

13日14日と体力回復にじっとしています

15日は朝からのんびりと港に自転車でかえります

長時間のって自転車があってないのか腕がしびれてきました

もちろん パットつきのパンツはいてましたがお尻も痛い

もう自転車にのりたいと シャウトしたりしません

では今日は 満足http://www.youtube.com/watch?v=hQszoQJT0Tc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コンタドール 3度目の総合優勝は確実、カンチェラーラ2勝目 ツール・ド・フランス

http://www.steephill.tv/players/brightcove/?title=Stage%2019%20Official%20Highlights%20-%20Tour%20de%20France%202010&id=234699576001&player=letour

Photo

24日、第19ステージ(ボルドーからポイヤック、52キロメートル個人タイムトライアル)が行われ、チームサクソバンク(Team Saxo Bank)のファビアン・カンチェラーラFabian Cancellara、スイス)が1時間0分56秒で今大会2度目のステージ優勝を果たした。

 総合首位アスタナ(Astana)のアルベルト・コンタドール(Alberto Contador、スペイン)は1時間6分39秒の35位、同2位チームサクソバンク(Team Saxo Bank)のアンディ・シュレク(Andy Schleck、ルクセンブルク)はコンタドールから31秒遅れの44位でステージを終えた。

 この結果、コンタドールとシュレクとの合計タイム差は39秒に広がり、コンタドールは2年連続3度目の総合優勝をほぼ確実にした

 BBOXブイグ・テレコム(BBOX Bouygues Telecom)の新城幸也(Yukiya Arashiro、日本)は、126位だった。(c)AFP

続きを読む "コンタドール 3度目の総合優勝は確実、カンチェラーラ2勝目 ツール・ド・フランス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カヴェンディッシュ14度目の区間優勝 ツール・ド・フランス

あと3ステージを残してます

コースは連続しているわけでもないようですね

途中飛行機で飛んだり

企業のチームでやってますが科学の先端技術が組み込まれてますから

フレーム素材はカーボンなど

ムチャクチャ金がかかる

釣具のシマノは変速機などの世界的な独占メーカーです

堺にあります

ツール・ド・フランスには日本人の新城選手がいいとこについています

Photo_3

http://translate.googleusercontent.com/translate_c?hl=ja&langpair=en%7Cja&u=http://www.steephill.tv/players/versus4/%3Ftitle%3Dtdf-2010-st18-highlights%26id%3DyUGWA7CnImxwbpitLMF86MPPxRodq2_N/500/720/&rurl=translate.google.com&twu=1&usg=ALkJrhhOFuT84E9-mKNULjHlbrv0kY9YKA

23日、第18ステージ(サリー・ド・ベアルンからボルドー、198キロメートル)が行われ、チームHTC・コロンビア(HTC-Columbia)のマーク・カヴェンディッシュMark Cavendish、英国)が、4時間37分09秒で今大会4度目、通算14度目のステージ優勝を果たした。

 総合首位アスタナ(Astana)のアルベルト・コンタドール(Alberto Contador、スペイン)は56位、同2位チームサクソバンク(Team Saxo Bank)のアンディ・シュレク(Andy Schleck、ルクセンブルク)は52位でステージを終えた。

 コンタドールとシュレクとのタイム差は8秒と変わらず、総合優勝決定は第19ステージの個人タイムトライアル(ボルドーからポイヤック、52キロメートル)に持ち越された。

 シュレクは第19ステージ、1989年大会でグレッグ・レモン(Greg Lemond、米国)が成し遂げた逆転優勝の再来を目指す。レモンは同大会最終ステージでローラン・フィニョン(Laurent Fignon、フランス)に8秒差をつけて逆転優勝を果たしている。

 ランプレ・ファルネーゼ(Lampre - Farnese)のアレッサンドロ・ペタッキ(Alessandro Petacchi、イタリア)が、合計213ポイントでサーベロ・テストチーム(Cervelo Test Team)のトル・フースホフト(Thor Hushovd、ノルウェー)を抜き、ポイント賞首位に立った。ステージ優勝したカヴェンディッシュは35ポイントを獲得、マイヨ・ヴェールのペタッキとの差を16、2位フースホフトとの差を6に縮めた。

 BBOXブイグ・テレコム(BBOX Bouygues Telecom)の新城幸也(Yukiya Arashiro、日本)は、16位だった。(c)AFP/Justin Davis

続きを読む "カヴェンディッシュ14度目の区間優勝 ツール・ド・フランス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シュレク第17S優勝、コンタドール総合首位守る ツール・ド・フランス

F17

http://translate.googleusercontent.com/translate_c?hl=ja&langpair=en%7Cja&u=http://www.steephill.tv/players/versus4/%3Ftitle%3Dtdf-2010-st17-highlights%26id%3DjZaWlrjMJRiQMF4DXXXJ1mG3eLA31cyD/500/720/&rurl=translate.google.com&twu=1&usg=ALkJrhjnKF4J20HO10Wa_d4GdYGrsP3_cQ

22日、第17ステージ(ポーからツールマレー、174キロメートル)が行われ、チームサクソバンク(Team Saxo Bank)のアンディ・シュレクAndy Schleck、ルクセンブルク)が5時間3分29秒でステージ優勝した。

 タイム差なしの2位でゴールしたアスタナ(Astana)のアルベルト・コンタドール(Alberto Contador、スペイン)は合計タイム83時間32分39秒で総合首位を守った。2位シュレクとの差は8秒のまま。

 BBOXブイグ・テレコム(BBOX Bouygues Telecom)の新城幸也(Yukiya Arashiro、日本)は、100位だった。(c)AFP

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フェドリゴ第16S制す、新城140位 ツール・ド・フランス

F16

http://www.steephill.tv/players/brightcove/?title=Stage%2016%20Official%20Highlights%20-%20Tour%20de%20France%202010&id=180350378001&player=letour

20日、第16ステージ(バニエール・ド・ルションからポー、199.5キロメートル)が行われ、BBOXブイグ・テレコム(BBOX Bouygues Telecom)のピエリック・フェドリゴPierrick Fedrigo、フランス)が5時間31分43秒でステージ優勝した。

 第15ステージで総合首位を奪取したアスタナ(Astana)のアルベルト・コンタドール(Alberto Contador、スペイン)と同2位に後退したチームサクソバンク(Team Saxo Bank)のアンディ・シュレク(Andy Schleck、ルクセンブルク)は、6分45秒遅れでゴールし、コンタドールが合計タイム78時間29分10秒で首位を守った。コンタドールとシュレクのタイム差は8秒のまま。

 BBOXブイグ・テレコムの新城幸也(Yukiya Arashiro、日本)は、34分48秒遅れで140位だった。(c)AFP

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴォクレール第15S制す、コンタドール総合首位奪取 ツール・ド・フランス

;19日、第15ステージ

http://www.steephill.tv/players/brightcove/?title=Stage%2015%20Official%20Highlights%20-%20Tour%20de%20France%202010&id=167643329001&player=letour

(パミエからバニエール・ド・ルション、187.5キロメートル)が行われ、BBOXブイグ・テレコム(BBOX Bouygues Telecom)のトマ・ヴォクレールThomas Voeckler、フランス)が4時間44分51秒でステージ優勝した。

 アスタナ(Astana)のアルベルト・コンタドール(Alberto Contador、スペイン)は2分50秒遅れの7位で終え、合計タイム72時間50分42秒として総合首位を奪取した。チームサクソバンク(Team Saxo Bank)のアンディ・シュレク(Andy Schleck、ルクセンブルク)は3分29秒遅れの12位で終え、総合2位に後退。コンタドールとの差は8秒。

 BBOXブイグ・テレコムの新城幸也(Yukiya Arashiro、日本)は142位だった。(c)AFP

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツールドフランス 14ステージはフランスのリブロン

Photo

18日、第14ステージ(ルヴェルからエクス-トロワ・ドメーヌ、184.5キロメートル)が行われ、アージェードゥゼル・ラ・モンディアル(AG2r - La Mondiale)のクリストフ・リブロンChristophe Riblon、フランス)が4時間52分42分で初のステージ優勝を果たした。http://translate.googleusercontent.com/translate_c?hl=ja&langpair=en%7Cja&u=http://www.steephill.tv/players/versus4/%3Ftitle%3Dtdf-2010-st14-highlights%26id%3Dta_N9_aUrtJM_NHgs9nQ1Uhw6S56SIcN/500/720/&rurl=translate.google.co.jp&twu=1&usg=ALkJrhi1FwQbp4orVdupkWmPzIgov68ckA

 チームサクソバンク(Team Saxo Bank)のアンディ・シュレク(Andy Schleck、ルクセンブルク)は、1分08秒遅れの4位で終え、合計タイム68時間2分30秒で総合首位を守った。シュレクと総合2位アルベルト・コンタドール(Alberto Contador、スペイン)との差は31秒のまま。

 シュレクはコンタドールとのタイム差を守ったが、総合3位エウスカルテル・エウスカディ(Euskaltel Euskadi)のサムエル・サンチェス(Samuel Sanchez、スペイン)が2分45秒から2分31秒、総合4位ラボバンク(Rabobank)のデニス・メンショフ(Denis Menchov、ロシア)が2分58秒から2分44秒にシュレクとの差を詰めている。

 BBOXブイグ・テレコム(BBOX Bouygues Telecom)の新城幸也(Yukiya Arashiro、日本)は、27分10秒遅れで103位だった。(c)AFP

| | コメント (0) | トラックバック (0)