« 「イラク撤退」演出のウソ  | トップページ | 竜馬伝 寺田屋騒動 »

羽田空港土壌から有害物質=滑走路延伸部、基準6.5倍の鉛

2000年のダイオキシン規制法http://www.env.go.jp/kijun/dioxin.htmlでの土壌の環境基準は1,000pg-TEQ/g以下

この羽田の最終処分場は93年に埋立完了でダイオキシン出しまくりの時期の埋立工事1100だから100上回ってるだけだからオヤジは驚かない

しかし鉛がすごい

鉛は2000年に規制が厳しくなったわけじゃないから2010年の今の最終処分場の埋立処分場もひょっとするとこのレベルかいなとおもうとゾッとする

水銀もすごい

このブログ見てくださいhttp://www.soshisha.org/nyumon/shitsumonbako/genin.htm

有機水銀を出した工場の名前は?
Q3-1-8 水俣病の原因を作った会社の名前は?

A3-1-8 チッソ株式会社水俣工場です。新潟水俣病の場合は昭和電工鹿瀬(かのせ)工場です。

Q3-1-9 なぜ、工場が出す排水にふくまれるメチル水銀が原因だと解ったの?

A3-1-9 熊本大学で水俣病の原因を研究していました。そして、有機水銀が原因らしいと気がつきました。水俣湾の近くで水銀を使っている工場はチッソ水俣工場だけでした。

Q3-1-10 なぜ、工場排水にメチル水銀が混ざってしまったんですか?

A3-1-10 アセトアルデヒドという物質を作っているときに水銀(無機水銀)を触媒(しょくばい)として使っていました。そのとき、一部が有機水銀(メチル水銀)に変化して、そのまま排水に混じって海に流れ出てしまったのです

水俣病はメチル水銀=有機水銀が原因物質だ

最終処分場(管理型)にこんな濃度の水銀を含んでたら、大阪沖最終処分場(管理型)には赤とか青とか白の黄の毒々しい原色の化学工場の産業廃棄物もたくさんもちこまれている

Photo_2

からどんな化学物質が触媒となって有機水銀に変化するか だれも調べていないし規制もされていない

電池なんか今は沢山捨てているから水銀廃棄物の量はふえているはず

ただ比重が重たいから海水の中で沈殿して大丈夫じゃないかと思うけど

大阪沖の埋立処分場から排出される毎日約6000トンもの膨大な処理水

これは神鋼環境ソリューションいう会社が最新鋭の何億もする処理船

011

を処分場に浮かべて色んな薬剤

Sn3b0241

134

使って分解しているんですが

水銀はどこまで除去できるのか

今使っている薬剤で水銀と結合して沈殿させることは、除去させることはできているのか

ほんま頼みますよ

「1リットル当たり鉛が基準の360倍の3.6ミリグラム、水銀が18倍の0.009ミリグラム、ヒ素が16倍の0.16ミリグラムなど、5種類の有害物質が環境基準を超えていた」

となれば6000トンすなわち6000キロリットル(海水だが1㎥=1kl=1トンとして)

大阪処分場が羽田並みに水銀で汚染していて沈殿せずに全部湾に排出したと仮定すると6000×1000×0.009ミリグラム=54グラム/日

うーん 水銀54グラムがまいにち大阪湾に垂れ流されたら やはり深刻に頭かかえてしまう

昔 大江健三郎の小説で 核時代の隠遁者?というのを読もうと思ったけど

あまりにもの心配性で生きていけんぞと 途中でどうしても睡魔が襲ってきて読み通すことができなかったが

オヤジはダイオキシン問題を考え始めて以来 この核時代の隠遁者と同じように極度に心配したり いやいや 大丈夫だよ とあっちいったり こっちいったり

ところが変なとこでは神経が図太いものだから 島では昼休み 労働者の会話についていかねばと思うのだが 

ついつい島風が気持ちいいものだから昼寝してしまう

清志郎の トランジスタラジオ 授業を脱け出して 屋上で昼寝してたら もう目が小さくなってしまった♪

監視役の目を盗んで 1キロ離れた事故が起こった直投の写真をとりにオヤジがうろつくものだから

飯どきも監視が厳しくなったものだから やることなくて すっかり 昼寝のオヤジになっちまった ヤイヤイヤイhttp://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=M7gZPrC5za8

Photo

羽田空港土壌から有害物質=滑走路延伸部、基準6.5倍の鉛-対策実施へ

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2010090200856

羽田空港(東京都大田区)で、C滑走路(全長3000メートル)の延伸が予定されている区域の土壌から、

土壌汚染対策法で定める基準の6.5倍の鉛が検出されたことが2日、国土交通省への取材で分かった。
 

地下水の水質分析では、国の環境基準に比べ、鉛が360倍、水銀やヒ素などほかの4種類の有害物質が2.8~18倍含まれていた個所もあった。

国交省は人体への影響は少ないとしているが、再度詳しく調査し、拡散を防ぐ対策を講じる。
 

国交省によると、この区域はC滑走路の南東に位置する長さ444メートル、幅286メートルの埋め立て部分。
 

1988~93年、東京都が廃棄物の処分場として埋め立て、その後、羽田空港の沖合展開に伴い、空港の敷地となった。
 

国交省は昨年9月~今年1月、区域内の深さ6~14メートルの土中4カ所で土壌調査を実施。

鉛や鉛化合物の含有量が4カ所すべてで土壌1キログラム当たり440~980ミリグラムと、150ミリグラム以下とする基準を大幅に超えていた。
 

ダイオキシン類も1カ所で、土壌1グラム当たりの環境基準を100ピコグラム(ピコは1兆分の1)上回る1100ピコグラムが検出された
 

また、区域内の6カ所で地下水の水質を分析したところ、1カ所で、1リットル当たり鉛が基準の360倍の3.6ミリグラム、水銀が18倍の0.009ミリグラム、ヒ素が16倍の0.16ミリグラムなど、5種類の有害物質が環境基準を超えていた。(2010/09/02-22:46

|

« 「イラク撤退」演出のウソ  | トップページ | 竜馬伝 寺田屋騒動 »

労働運動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/401536/36553242

この記事へのトラックバック一覧です: 羽田空港土壌から有害物質=滑走路延伸部、基準6.5倍の鉛:

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/09/06 09:26) [ケノーベル エージェント]
大田区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2010年9月 6日 (月) 09時26分

« 「イラク撤退」演出のウソ  | トップページ | 竜馬伝 寺田屋騒動 »