« スペインが延長戦の末 優勝 | トップページ | 梅雨が明けたぞ さあ久しぶりに自転車に乗ろう »

大正駅で 街頭宣伝 たたかう労働組合をよみがえらせよう

労働者派遣法撤廃!

国鉄分割・民営化=JR発足から23年。

今や国鉄を知らない若い労働者が多く育っている。

それはそれでいいことだ。

しかし、JR発足の以前と以後とでは労働者の生活は様変わりしてしまった。

なぜか?!それは、JR発足の同じ時期に労働者派遣法が成立したからだ。

当時、「民間活力導入」「官から民へ」「規制緩和」というフレーズが流行のようになっていた。

派遣労働は中間搾取(ピンはね)を前提としているために長く禁止されてきた。

それが規制緩和によって解禁されるや対象業務が拡大され、今や求人の大半が派遣労働になっている。

あるいは契約社員、請負などだ。

何年勤続しても賃上げなし、一時金もなし、退職金もなし、社会保障も不十分!

非正規雇用労働者は短期間の雇用契約によっていつ首を切られるか分からず、将来の生活設計を持つことができない。

将来どころか明日の不安にさいなまれる毎日だ。

どうしてこうなった?!

自分の努力が足りなかったからか?

毎日、無遅刻・無欠勤で働いている。

給料が安くても文句は言っていない。

責任感だって正規社員に負けないつもりだ。

なのに全然違う。待遇が正規社員と全然違う!

“努力すればむくわれる。今は我慢だ”こんなの嘘っぱちだ!

そうして引き起こされたのがマツダ自動車宇品工場事件だ。

 マツダ宇品工場事件

マツダ宇品工場事件の彼は

「マツダに恨みがあった。マツダの労働者ならだれでもよかった」と語っているという。

われわれを時給1000円そこそこ、あるいは法定最低賃金ギリギリでこき使いながら、経営者は何億円もの報酬を受け取っている!

この格差は何だ!

毎日汗水流して働いているのはこっちだ!

マツダに恨みを持つ彼の気持はわからなくはない。

だけど違う。

彼が死なせた・傷つけた相手は、本当は仲間なんだ。

仲間を傷つけるな。

給料が安い、残業をおしつけるな、社会保障に入らせろ…。

こうした不満を持っているのは彼だけではない。

みんな同じだ。

だから仲間をつくって組合を結成して、会社に突き付けよう。

だからそのための仲間を傷つけてはだめなんだ。

正規も非正規も労働者は一つ

同じ工場の同じラインで働きながら、正規社員だったり、派遣社員だったり、期間工だったりする。

雇われている会社が別々で、待遇もばらばらだ。

だけどこれは会社の、資本の手なんだ。

こうやって労働者をバラバラにして団結できなくしている。

どうしてこんなふうにしているのか。

会社・資本家は労働者が怖いからだ!

労働者が団結したらどんなすごいことができるかを彼らはよく知っているからだ!

だから正規も非正規も、民間も公務員も、労働者はひとつだ。

足の引っ張り合いをしている場合じゃない。

資本家だって団結している。

労働者は団結しよう!

規制緩和の象徴=JR

国鉄分割・民営化を強行するため、国鉄の何十兆円もの債務が労働者の責任にされた。

実際には政治家とゼネコン、車両メーカーなどが採算性を無視して赤字路線を拡大したからだ。

それによって20万人もの労働者が国鉄職場から追放され、仲間を裏切ることを悩んだ200人が自殺に追い込まれた。

そして1047名が解雇され、解雇撤回闘争の闘いは今も続けられている。

そうして発足したJRは5年前の尼崎事故で107人を殺し、現在も故障や事故が相次いでいる。

もともとJRは、安全よりも利益を優先してきた。

その姿勢は今も変わっていない。

さらに利益を増やそうとして強行しようとしているのが業務の外注化だ。

外注化といって、部品の加工を外注するのとはわけが違う。

部門を丸ごと別会社にしてしまうことだ。

社員は同じ仕事をしていながら別会社に出向させられてしまう。

こうして労働者をますますバラバラにしてしまおうとしている。

 

 動労千葉が外注化を阻止!

JR東日本は、車両の検査・修繕部門を丸ごと外注化しようとしていた。

それを動労千葉が5波のストライキで阻止した。

企業の経営方針をぶっ潰すなんてすごいことだ!

本当に怒った労働者にはこれぐらいのことができるのだ。

これぞ団結の力だ。

労働者がいがみ合っていたら、会社の思うつぼだ。

労働者が団結することを資本は死ぬほど恐れている。

労働者は団結できるんだ。

 

中国のホンダ系工場でスト

中国のホンダ系工場で次々とストライキが起こっている。

彼らは賃上げなどの待遇改善を訴えて、自動車組み立て工場のラインを停止させるほどの闘いを行っている。

ホンダやトヨタなの外資系企業はどこも企業関連の「学校」を持ち、農村から出稼ぎに来た労働者を「学生」にして実習生として働かせている。

彼らは学生であって労働者ではないから労働法で保護されない。

普通の労働者よりも過酷な条件で働かされているのだ。

賃金は学費や寮費として大部分が企業に吸い取られてしまう。

そういったことに対する積りに積った怒りがストライキとして爆発した。

ストは外資系企業から国有企業へとさらに拡大している。

世界中の労働者が仲間を増やして団結して闘っているのだ!

労働組合をよみがえらせよう

みんなは労働組合にどんなイメージを持っているだろうか。

労働組合のバックアップを受けて成立した民主党連合政権だろうか。

しかし鳩山も管も、労働者のための政策なんか全然実行していない!

それは、民主党をバックアップしているのが連合という腐った組合だからだ。

全労連も腐っている!

本当の労働組合というのは、動労千葉のようにストライキで企業の経営をガタガタにしてしまう組合だ。

非正規も正規も、民間も公務員も同じ労働者だ。

団結しよう!と訴えているのが本当の労働組合だ。

そういう組合をもっともっと増やして、労働組合をよみがえらせよう!

2週間に一度 南大阪労組交流センターは 環状線の大正駅で街頭宣伝をやっています

ビラの原稿つくりは 参加するメンバーが回り持ちで書くのですが オヤジは人が作った原稿は色々批判しますが 自分が書くとなると結構 悩みます

これは 他の労働者が作りましたが いいじゃない と思いました

参議院選挙直後で 民主党敗北 みんな白けているのか いつもよりビラの受け取りはよくありませんでした

|

« スペインが延長戦の末 優勝 | トップページ | 梅雨が明けたぞ さあ久しぶりに自転車に乗ろう »

弁天町駅前街頭宣伝」カテゴリの記事

コメント

出会い率99%を誇る、かってないサイトが登場!!自社独自の業者シャットダウン方法と、巡回によりシロウト率100%。ここで出会いが成功しない事は無いと、口コミで熱いサイトです

投稿: 出会い率99% | 2010年12月 3日 (金) 23時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/401536/35749755

この記事へのトラックバック一覧です: 大正駅で 街頭宣伝 たたかう労働組合をよみがえらせよう:

« スペインが延長戦の末 優勝 | トップページ | 梅雨が明けたぞ さあ久しぶりに自転車に乗ろう »