« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

ゴールに入ってたのに くやしいねイギリス

Photo

キーパーのファインプレーというべきか

「レフェリーのことを考えず、何が起きたのかということを意識させないようにしたよ。ボールはラインを越えたと思ったけど、すぐにリスタートして、ごまかそうと思ったんだ」

でもイギリスは これから4年間 たら れば でがんばれるからいいじゃないの

しかしドイツも強いわ

http://www.fifa.com/worldcup/highlights/video/video=1261437/index.html

続きを読む "ゴールに入ってたのに くやしいねイギリス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウルグァイ、ガーナが勝ちあがってきたぞ、韓国惜しい

ウルグアイ韓国戦2対1、韓国惜しいね。ゴールポストに嫌われちゃって

スアレス、2点も蹴りこんじゃって。この人に 自由にボールを蹴らせた韓国のディフェンダー

もっと競っていかないと

Photo_3

http://www.fifa.com/worldcup/matches/round=249717/match=300061504/index.html

ガーナとアメリカ戦もガーナのキーパーの好セーブなど1対1で延長戦にもつれこみ、

この勝ち越しゴールで

Photo_2

アフリカ勢の面目を保った よーし http://www.fifa.com/worldcup/matches/round=249717/match=300061503/index.html

続きを読む "ウルグァイ、ガーナが勝ちあがってきたぞ、韓国惜しい"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前進2444号 リーマン超えるギリシャ危機 を 自分のものにしよう

613

今 ギリシャ危機が南欧・ユーロに拡大し、米 世界の株価が記録的な暴落を開始し、リーマンショックを超えようとしている 

二番底が爆発しようとしている

リーマンショック以降 取られてきた恐慌対策としての公的資金投入が日米欧主要国だけで10兆ドル

完全に第2次世界大戦以前を上回る規模となった

それがここにいたって各国の財政赤字として連動し、

その弱いところから(ギリシャなど)火を噴き出し、

ドル暴落・国債暴落が目の前に迫ってきた

国債暴落はリーマンショックなどのように公的資金投入では解決にならないから

緊縮財政をとるしかない  

もろ消費税アップ 社会保障切捨て 国家大改造しかないから

誰にも その帝国主義の危機をおしつけられてる感があるから

なんで銀行救済、証券救済、国家財政破綻のつけを自分らにおしつけるんだ

ふざけるんじゃない 

そうギリシャも スペインも なっている 

例外なくゼネスト情勢だ しかもオリンピック 階級闘争休戦 2年後という激しさだ

端的に言えば ワールドカップ 休戦 2年後に 日本もゼネスト!(ちょっと予言者みたいでまずいかな)

その予兆が 鳩山政権の崩壊だ 否定できますか!

そのように情勢をとらえると 今何をやるべきか みえてくる 

緊縮財政の強行は経済の悪循環を招き、とてつもない危機→階級支配の危機、政治危機をつくりだす

問われるのは帝国主義打倒だ

ギリシャやスペインのようにゼネストと革命的情勢なのだ との革命的時代認識をもとう

続きを読む "前進2444号 リーマン超えるギリシャ危機 を 自分のものにしよう"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブラジルはポルトガルと引き分け 日本決勝リーグに奇跡の進出

Photo

いやー ブラジルとポルトガルの試合はすごいね 0対0で引き分けだ

このどっちかが優勝するような気がする 

とにかくレベルが高い試合だったみたいhttp://www.fifa.com/worldcup/highlights/video/video=1258590/index.html

この大事な時に テレビが壊れてしまって 

パソコンで 結果がわかってしまってる試合のハイライト・シーンをみる悲しさ 

トホホ

ところで 日本もデンマークに勝って決勝戦進出だ

本田のセットプレイでの無回転シュート ほんとに 回転してないから キーパーは ボールの軌道が読めないみたいだね

これで主導権を握って 勝てましたね オヤジは 決勝トーナメントに行けるわけないと 思ってましたが 奇跡がおこりましたttp://www.fifa.com/worldcup/highlights/video/video=1257797/index.html

続きを読む "ブラジルはポルトガルと引き分け 日本決勝リーグに奇跡の進出"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリガ  のポーリュシカポーレ 

Photo

origa というロシアの女性シンガーが1998年に出した 永遠 というCDに収録された ロシアの民謡です

きれいな歌声ですねhttp://www.youtube.com/watch?v=p8RH3Ia3EGQ&feature=related

歌詞は

草原よ、草原

広い草原よ

駆けていく英雄が

遠い昔の英雄が

風が運んでゆく

そう、緑の草原を

彼らの勇ましい歌

なつかしい歌

風が残すのは

戦の誉れと

ほこりまみれの路

遠くへ続く路

草原よ、草原

多くの悲しみを見たことも

血にまみれたこともあっただろう

遠い昔のこと

次は赤軍合唱団が同じ歌を歌うと

スターリン主義時代に 労働英雄とされたスタハノフStakhanov 

のイメージですね  小樽に亡命してきた双発の戦闘機が動画で背景になってます

その歌詞をみて 考え込みますねhttp://www.youtube.com/watch?v=4FUzEIZ0T38&NR=1

コルホーズから徴兵された青年を 英雄とみたてて 

出征=恋人との永遠の別れ を 悲嘆する歌なんですね

こんなロシア民謡を 歌声喫茶なんかで 歌って 流行ったんですね 日本では

コルホーズで労働に励む娘たちよ 

われ等を見守れ

娘たちよ 涙をぬぐい去れ

続きを読む "オリガ  のポーリュシカポーレ "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国 強豪ナイジェリアと引き分け 1次リーグ突破の快挙

このダイジェストみてよhttp://www.fifa.com/worldcup/highlights/video/video=1255325/index.html

4-2で負けてる内容だった 

しかしよくナイジェリアの猛攻を守りきったね

よくやった

これで 1次リーグを突破したのは

ウルグアイ メキシコ アルゼンチン 韓国 オランダ ブラジル チリ

中南米ばっかりでヨーロッパ勢がさっぱりじゃん

続きを読む "韓国 強豪ナイジェリアと引き分け 1次リーグ突破の快挙"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

superfly のタマシイレボリューション

NHKのワールドカップサッカーのテーマ曲なんで 耳にしていると思いますが

superflyの タマシイレボリューションhttp://www.youtube.com/watch?v=GByXsfAWI0s

続きを読む "superfly のタマシイレボリューション"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第2戦 ドイツとセルビア戦 セルビアが勝ったぞ

Photo

いやー おもしろかった

2戦目負ければ リーグ戦敗退してしまうので 後がないセルビア

はじめから攻撃的展開

クローゼ退場の動揺をついて 見事な 左からのクロスに 2mの長身が合わせて落とし

フリーの選手が蹴りこんだ

ドイツも建て直し 攻めの形を作って反撃

フリーキックがキーパーによって 阻まれ あせりだす

最後まで 手汗握る試合で おもしろかった

しかし 2mとかの選手がごろごろしていて バスケットボールの試合みたいですね 

続きを読む "第2戦 ドイツとセルビア戦 セルビアが勝ったぞ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Buena Vista Social Club からCHAN CHAN

Photo

「ブラジルの同志のみなさん 心は一つだ」 にスタンディング・オべーション

動労千葉代表団と全学連はコンルータス代議員2000人と20カ国の代表と交流

動労千葉の発言に感動した若い代議員が 団結ハチマキを もらいに殺到

コンルータスとは

dc2videoさんの動画よりコピペします 詳しくは 国際労働運動2月号のルラ政権とたたかうブラジル労働者 をみてくださいhttp://www.zenshin.org/com/ilm_back_no/ilm_402.htm#a3_1 

コンルータスは、ルラ労働党政権の新自由主義政策を支持する既成のナショナルセンターと決別し、

民営化=労組破壊、戦争と闘っている組織だ。

現在のコンルータスを担っている諸勢力は、

1970年代末からの大工業地帯での大ストライキの波から生まれた。

現大統領ルラもこの闘いの指導者だった。

彼らは、80年の労働党結成も、83年のCUT(統一労働センター=唯一のナショナルセンター)結成も、一緒に担ってきた。
 

しかし労働党は、地方議会や諸都市の市長の座に進出するにつれて利権まみれになって資本家階級と一体化し、

IMF(国際通貨基金)の対外債務取り立て強行と政府の民営化、大衆増税、福祉破壊政策に屈服を深め、協力していく。
 

02年に大統領に就任したルラは、大資本家を副大統領とし、

新政権の中央銀行総裁に米巨大銀行の頭取を据えて、出発した。  

この「労働党」とは名ばかりのブルジョア政権。

ルラは年金破壊をおこない、労働者は巨大デモで反撃。

ロセト農業改革相(第4インター)は、農地改革を求めて土地を実力占拠した農民を、

大土地所有者の暴力団と警察を使って虐殺した(入閣直後の1年間で60人)。

CUTもルラ体制に全面協力している。

 コンルータスは、2003年に公務員部門の労働者の40日間のストライキを支援するために結成され、

労働党やCUTと決別して、

「労働者階級の独立した社会主義組織」「全世界の労働者の団結」を掲げて結成された。

04年3月には、181の労組団体の代表を結集して全国会議を開催、

5月には529労組・団体の代表2729名が集まって大会を開催し、

文字通り全国組織になった。
 

現在ではGMの最大の自動車工場などでCUTを打倒し、労組執行部を握っている。

06年5月のコンルータス第1回全国労働者階級大会は、

180万人を代表する2700人の代議員が結集した。

http://www.youtube.com/watch?v=yxo0S5A-GIU

続きを読む "Buena Vista Social Club からCHAN CHAN"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勝ち点3 信じられない japanを祝して  アンジェリーク キジョーのアフィリカ

Scr1006150932064p12

サッカー南アフリカW杯2010 「日本代表-カメルーン代表」   本田圭佑 ゴール   =現地14日、南ア・ブルームフォンテーン  (撮影:財満朝則)

祝勝にアンジェリーク・キジョーのアフィリカを送りますhttp://www.youtube.com/watch?v=-noV-AAxjnI&feature=related

信じられない カメルーンに勝った

カメルーンは 試合を組み立てるリーダーなど主力選手が監督との諍いでボイコット

でも よく守ったね 

オランダ強いわ 

続きを読む "勝ち点3 信じられない japanを祝して  アンジェリーク キジョーのアフィリカ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

動労千葉闘争団の中村 仁さん 6・13集会で 俺を呼んでくれ いつでも 行きます

いや オヤジは 中村 仁 さんの 発言に 肝いりました

よし 職場の 昼休み 中村さんを 呼んで 物販をやって 話を聞こう

それを 実現するには どうしたら いいか

どういう風に 闘いを やっていくか ちょっと 手がかりを つかみました

動労千葉を支援する会にアップされている二番目の動画をどうぞ 

発言は一人5分はありましたがエキスだけアップされてますhttp://www.geocities.jp/dorosien28/  

続きを読む "動労千葉闘争団の中村 仁さん 6・13集会で 俺を呼んでくれ いつでも 行きます"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャイコフスキーの交響曲第5番 バーンスタイン指揮

どこの交響楽団かちょっと調べてみますがhttp://www.youtube.com/watch?v=2pypUXtDgX0&feature=related

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳩山内閣の崩壊について

鳩山内閣が崩壊してびっくりしたのは なにを隠そうシクロオヤジです

こんなにブルジョア支配階級が脆いものだとは!

ブログでは 鳩山内閣が 日帝の1000兆にも のぼる 累計赤字を 解決できない なんて心底思ってるから 民主党政権の 予算みて 

別に 自分は支配階級ではないから どうするんだろう 破産的だな と思っていました

国鉄1047名解雇撤回闘争の 和解で つっぱしっていることも やはり 労働組合のたたかいで 階級闘争は決まるから

6・13集会で この情勢に かろうじて 革命党として 爪がかかっている と思いました

普天間問題も 辺野古になると 思ってました

でも こう あっさりと 政権ほうりだすとは 正直 予測してなかった

口では 民主党政権打倒と いいました 

でも 支配階級が ここまで 追いつめられているという 感覚がなかった

まさに 支配階級がこれまでどうり やっていけない情勢なんですね

共産主義者のオヤジが 中核派42年の活動家が めんくらっているんだから

労働者は これから日本の政治はどうなるんだろうと 1億2000万人が 本気で 政治を考え出した情勢だと思います

ここに 二番底のパニックが直撃したら どうなります!

動き出します 怒りを溜め込んだ労働者階級が自分が動けば 歴史をつくれると

オヤジは 震えがきてます

そこで オヤジは 「人生幸朗的 責任者でてこい」というカテゴリーも 変更しなくてはと思ってます

責任者とは労働者階級だし そのコアとなる 党ですから

もっと 自分が世の中変えたる みたいな言い方じゃないと

責任者出てこい では あまりにも 主流派根性なさすぎ

人生幸朗的では あまりにも はすかい

しばらく いい案が浮かぶまで そのままにしますが

いまから東京行きのお弁当を作ります

めっちゃ 楽しい

続きを読む "鳩山内閣の崩壊について"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本の民謡は JAZZ で こんなになる 秋吉 敏子の the village

木更津甚句はこうなりましたhttp://www.youtube.com/watch?v=X0t8WSu6Tcc&feature=related

続きを読む "日本の民謡は JAZZ で こんなになる 秋吉 敏子の the village"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国の労働者はスターリン主義をつきぬけて続々と決起

共産主義者 丹沢論文よんで 工場委員会運動のすごさに目をみはり

やっと 呂 嘉民 の レーニンと労働組合 を読み通した

さすがに 中華総工会の イデオローグ ごりごりの スターリン主義だから

読んでいて 辟易した!

オヤジは おもしろくない本は すぐ眠たくなる ものすごく感性的というか

ハハ 訂正 動物的というか

座り込み 労働者が見ている という緊張感がなかったら

この本は 読了できなかったにちがいない 

NEP政策のところで 利権制の導入 と 外国企業では ストライキは やってはならない

と レーニン全集に書いてあるかのごとく言っている

呂嘉民おじさん(オヤジより3つ年上)は、目のつけどころはよかったが

なにせ 労働者階級の上に 党があるべきだと 共産党支配を 合理化している 

核心で間違っている

こう えらそうに断定したオヤジは 

勉強嫌いで レーニン全集など 殆ど 読んだことが ない 

持っている というだけで (買ったのでは ありません あるひとから もらっただけです) 

なにか 自分が ものすごく 理論的だ と 錯覚して 

お母ちゃんのところに 置かせて貰っていた

あんたも 勉強せいよ と えらそうに 自分も読んでないくせに

どこまでも スノッブな 人格で  

そんな気分も 党の革命で すこし ぬぐう事が できたので 

塩爺にプレゼントして

さっさと 「魑魅魍魎の館」から 色々理屈をつけて逃げ出した

これは今にして思えば オヤジの 生体防御反応だったんですね

もうさんざん 党には 献身したから もう 自分の好きなように させてくださいと

そして 4年 ついに 開きました レーニン全集

呂 嘉民 嘘書くな!

違和感のあるところ 詳細に点検したが

レーニンは オッサンの言う意味では 書いてない

労働者に権力を 委譲せよ 可能な限り 

異様なほど くりかえし そればっかし レーニンは かいてるじゃん

偽造してはいけません 

正確にいうと 

すこし 引用して 今の 中国スタの 惨状を 合理化するな!

わが党も ちゃんとした 読み方してなかったから えらそうなことは 言えないが

ちゃんと 読んだ オヤジは 少ししか かじってないが 声を大にして いう

嘘 こくな!

事実 中国の 労働者は 正しく 本田工場で ストライキに 決起している

当たり前だ! 

続きを読む "中国の労働者はスターリン主義をつきぬけて続々と決起"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Jazz入門6 ルイ・アームストロングのワンダフル・ワールド

Photo

ルイ・アームストロングのワンダフル・ワールドhttp://www.youtube.com/watch?v=dpqI0rkedAU&feature=related

続きを読む "Jazz入門6 ルイ・アームストロングのワンダフル・ワールド"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Jazz入門5チャーリー・パーカーのNow's the time

Parker

チャーリー・パーカー(アルト・サックス)のNow's the timehttp://www.youtube.com/watch?v=0T69dD532Vs&feature=related

ジャズの歴史は アメリカ帝国主義の歴史そのものです

チャーリー・パーカーはビ・バップという即興演奏主体のジャズを

ディジー・ガレスピー(トランペット)やバド・パウエル(ピアノ)と共にきりひらいた人です

続きを読む "Jazz入門5チャーリー・パーカーのNow's the time"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »