« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

辺野古節 -ソウル・フラワー・ユニオン

辺野古節 -ソウル・フラワー・ユニオンhttp://www.youtube.com/watch?v=NJOyg6Fc518&feature=related

続きを読む "辺野古節 -ソウル・フラワー・ユニオン "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Jazz入門2 松永 貴志のオープン・マインド

ジャズピアノといえばこれは聴いたことあるでしょう 報道ステーションのオープニング曲http://www.youtube.com/watch?v=vUacKThsS6Y&feature=related

若いですね

Photo

楽しそうhttp://www.youtube.com/watch?v=zQ5sf0NTyHI&feature=related

すこしジャズに興味がわきましたか

これはエヴァンゲリオンというアニメの中で歌われているらしいhttp://www.youtube.com/watch?v=R55BjR94P4Q&feature=related

それがジャズピアノでは ここまでスィングするわけです 

ジャズとはスイング(崩す、振り替える?)するわけです

クラシックで言えば 第3楽章 起承転結の 転

それを体験してみてください

シャンソンの名曲 枯葉 はJazzではここまでスイングします

まずエディット・ピアフの本場シャンソンでの 枯葉http://www.youtube.com/watch?v=n2s2tPORlW4&feature=related

これをジャズのプレーヤーたちは 自分の感性で スウィングさせていきます

キャノンボール・アダレイ(アルト・サックス)とマイルス・デービス(トランペット)、オスカー・ピーターソン(ピアノ)、ポールチャンバー(ベース)、ジミー・コッブ(ドラムス)の 枯葉http://www.youtube.com/watch?v=PPHtQn1t1n4&feature=related 

続きを読む "Jazz入門2 松永 貴志のオープン・マインド"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JAZZ入門1 A列車にのろう

港のシクロオヤジは クラシック音楽入門に続いて JAZZも紹介したいのだけど これが ちょっと 難しい

なぜかと言えば 人によって 受け止める感覚が 相当 違うだろうなと思うからです

JAZZは感覚的なものだから 好き嫌いが激しいので あなたの感覚にあうかどうかわからない

とにかく相当聴きました

本も読みました

ウンチクは限りないのですが まずありふれたJaZZを聴いてください

チャーリー・ミンガスというベース奏者を中心にした A列車にのろう という曲ですttp://www.youtube.com/watch?v=ZqWLSe0FS0I&feature=related

これはエラ・フィッツラルドというボーカルがデューク・エリントンのバンドで歌っているのでわかりやすいでしょうか

http://www.youtube.com/watch?v=qhK-zYfFsIY&NR=1&feature=fvwp

続きを読む "JAZZ入門1 A列車にのろう"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレサ・テンの 時の流れにみをまかせ と 桂 銀淑 の すずめの涙 はどちらが主体的か

詩がいいよね

中国人が日本語をしゃべると いい感じだよねhttp://www.dailymotion.com/video/x3jg80_%E3%83%86%E3%83%AC%E3%82%B5-%E3%83%86%E3%83%B3-%E6%99%82%E3%81%AE%E6%B5%81%E3%82%8C%E3%81%AB%E8%BA%AB%E3%82%92%E3%81%BE%E3%81%8B%E3%81%9B_music

こっちは つぐないhttp://www.dailymotion.com/video/xbu3kx_%E3%83%86%E3%83%AC%E3%82%B5-%E3%83%86%E3%83%B3-%E3%81%A4%E3%81%90%E3%81%AA%E3%81%84_music

では韓国の 桂 銀淑 のこれはどうですか http://www.youtube.com/watch?v=OezXKl5a36k&feature=related

もっと 勝手なのは 究めつき 高橋 真梨子の ごめんねhttp://www.dailymotion.com/video/xduqmq_%E9%AB%98%E6%A9%8B%E7%9C%9F%E6%A2%A8%E5%AD%90-%E3%81%94%E3%82%81%E3%82%93%E3%81%AD_music

続きを読む "テレサ・テンの 時の流れにみをまかせ と 桂 銀淑 の すずめの涙 はどちらが主体的か"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飛んでイスタンブール

なつかしいな 庄野 真代http://www.youtube.com/watch?v=IMbyZskjkfs&feature=related

今はどこかで 弁護士でもやってるんでしょうか

こちらは 異邦人 http://www.youtube.com/watch?v=cIsCifnFy9Y&feature=relatedなんとなく イスラムの音楽のにおいがしますよね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成海 璃子の 瑠璃の島

このテレビドラマは 実話にもとづいています

琉球新報の記者 森口豁ノンフィクション『子乞い―沖縄孤島の歳月』の原作を

三里塚の少年行動隊を 漫画に書いた 尾瀬あきら がこれ

を題材に 光の島 としてコミック誌で発表し感動を生み 

映画化された経緯があります

http://www.youtube.com/watch?v=iiMew5sWR_A

http://www.youtube.com/watch?v=drSqQnYiu_U&feature=related

 

続きを読む "成海 璃子の 瑠璃の島"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クラシック入門18 スターリン主義に翻弄されたショスタコービッチの

これは楽しいですねhttp://www.youtube.com/watch?v=LX1fiE0U1qA&feature=related

これはスターリンは怒るわな 2番目の動画ですhttp://www.chatwalker.com/capriccio/diary/125925/

続きを読む "クラシック入門18 スターリン主義に翻弄されたショスタコービッチの"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

追悼 中野 洋  

動労千葉のブログで 布施さんの 追悼文http://www.doro-chiba.org/blog/2010/04/post-224.htmlをよんでいて 涙がでてきた

そうだ 中野 洋さんの 原点は 職場・生産点でのたたかいにあるのだ

それは 革命は労働者階級自身の事業である という確信からだと思う

人間関係がないところで、いくら立派な路線をを提起しても組合員は「うん」とは言わない

「正しい方針」というのは、組合員が分かってくれた時に初めて正しいものになることを忘れてはいけない

組合員が納得しない方針は 間違っている

だから「労働運動は路線と義理・人情」

原則的な職場の実践から路線を生み出す

「絶対反対」を路線として貫くとは何か

「戦術的エスカレーションで事態は打開できない」という考え方に基づく動労千葉の路線的闘い方

「絶対反対」ということを「戦術」としてではなく「路線」として貫くということです

反合・運転保安闘争路線

「おれは、たえず全組合員、全職場労働者がやれる闘いを設定してきた

要は職場の全労働者を巻き込んだ闘いをつくり出していくことがカギなんだ

たえずそういう問題意識でやってきた

本当に胸にしみる「甦る労働組合」の内容ですhttp://www.zenshin.org/f_zenshin/f_back_no10/f2435.htm#a2_2

続きを読む "追悼 中野 洋  "

| | コメント (1) | トラックバック (0)

シャーリーズ・セロンのモンスター

Photo

これは実際の女性死刑囚をモデルにした映画です

シャーリーズ・セロンはこれでアカデミー賞主演女優賞をとりました

上の写真が スタンダップ(男女雇用均等法推奨で階級的労働運動の視点が毛ほどもない映画)のシャーリーズ・セロン

同じシャーリーズ・セロンが 売春婦だといって殴ったり蹴ったりする男を怒りのあまり射殺するんです この映画では

http://yuuking16113.blog72.fc2.com/blog-entry-34.html

同じ女優さんですよ

Charlize_theron_monster

続きを読む "シャーリーズ・セロンのモンスター"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クラシック入門17 スメタナのわが祖国

この曲を聴いて ホームシックにならないように

スメタナのわが祖国

http://www.youtube.com/watch?v=LlLPLO90fSk&feature=related

続きを読む "クラシック入門17 スメタナのわが祖国"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「1047名問題和解案」に対する動労千葉の見解

国鉄闘争の火を消してはならない
国鉄分割・民営化との闘いは終わってない
「1047名問題和解案」に対する動労千葉の見解が出された

http://www.doro-chiba.org/index.html

日本の いや世界の労働者階級の全体の利害を 動労千葉は体現している

1047名問題和解案は粉砕しないと とてつもない地獄がポッカリと口をあけている

今 解雇撤回を 必死で闘う者には この声明は 光明だ

断固 動労千葉とともに歩む

続きを読む "「1047名問題和解案」に対する動労千葉の見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女子12楽坊のAlive 2  染付けの花瓶と渡辺美里のmy revolution

Alive2

Alive2とは?

女子十二楽坊メンバーとしての活動を休止していたマー・ジンジン(揚琴)とジャン・リーチュン(二胡)、そしてジャン・シュアン(琵琶)が新たな音楽の方向性を模索し、生まれた「ネオ・インストルメンタル」。音楽に新しいいのちを吹き込み、聴く人に安らぎと勇気を与える。情景が目に浮かぶ演奏、踊る旋律。心の奥に埋もれていた思いがよみがえる。それが、彼女たちのたどり着いた「ネオ・インストルメンタル」のコンセプトだ。http://www.youtube.com/watch?v=svbqw9Z0ztU

続きを読む "女子12楽坊のAlive 2  染付けの花瓶と渡辺美里のmy revolution"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

40年ぶりにトキが戻ってきた

Photo

続きを読む "40年ぶりにトキが戻ってきた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高麗大学の キム・イェスルさんの壁新聞 私は大学をやめる

韓国の高麗大学も法政大学と同じだ

キム・イェスルさんの書いた壁新聞の全文訳

「今日私は大学をやめる
  いや、拒否する。」

続きを読む "高麗大学の キム・イェスルさんの壁新聞 私は大学をやめる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛よ愛よ

夏川りみの 歌なんですけど 一番好きです

頑張らないで いい というのが ものすごく 響く愛よ愛よhttp://www.youtube.com/watch?v=TaGCfGeHFys

続きを読む "愛よ愛よ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トイレの神様 が耳にこびりついてはなれない

ふと テレビで聴いた トイレの神様 という曲を今 オヤジは口ずさみます

というのは毎日仕事がしたくて

監視の目を盗んでトイレ掃除にいそしんでいるからです

この曲は 今日で3回くらい聞きました

ものすごくストーリーがあって長い曲なんですが 1回聴いたら 単純な旋律なので

ふとしたら口ずさむんですね とにかく耳に付く

どっかで このメロディは 聴いた記憶がある 何かの曲と似ている

最後ほろりと するけどねhttp://blogs.yahoo.co.jp/etsukokajita/61282810.html

続きを読む "トイレの神様 が耳にこびりついてはなれない"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月アパッチヘリの市民虐殺映像

ニュースでみましたが山本史郎さんのイラク情勢ニュースをコピペします

指定のリンクでは出てこないのでこちらへhttp://blog.goo.ne.jp/harumi-s_2005/e/f38b8b7610d98816558cb50f72601140

4:50くらいからが虐殺の映像です

絶対に許さんぞ

続きを読む "2007年7月アパッチヘリの市民虐殺映像"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クラシック入門16 サラサーテのツィゴイネルワイゼン

サラサーテはスペイン・バスク地方生まれでヴァイオリンの名手だったそうです

ツィゴイネルワイゼンとはロマの旋律 という意味です

サラサーテ自身の演奏ですhttp://www.youtube.com/watch?v=ABm7nMVyNh4&feature=related

続きを読む "クラシック入門16 サラサーテのツィゴイネルワイゼン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何度でも言う ギリシャ以上に深刻なのは日本

港のシクロオヤジは3月1日のブログで ギリシャの危機よりもっとすごいのは実は日本 なんですよと国際労働運動3月号をコピペしました

前進2434号の4面 ギリシャ以上に深刻な日帝 では それがもっとわかりやすく掘り下げてあります

続きを読む "何度でも言う ギリシャ以上に深刻なのは日本"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

クラシック入門15 ロッシーニのセビリアの理髪師

なーんだ女子12楽坊が弾いてたのこの曲か

セビリアの理髪師 2分15秒待ってくださいよhttp://www.youtube.com/watch?v=OloXRhesab0&feature=fvw

続きを読む "クラシック入門15 ロッシーニのセビリアの理髪師"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クラシック入門14 イーゴル ストラヴィンスキーの 春の祭典

桜の花が満開です

そこで 春の祭典

まず 先入観ぬきで動画をみてくださいhttp://www.youtube.com/watch?v=bjX3oAwv_Fs&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=vb8njeKBfqw&NR=1

http://www.youtube.com/watch?v=mK64sTi4mKc&feature=related

続きを読む "クラシック入門14 イーゴル ストラヴィンスキーの 春の祭典"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国鉄1047名の解雇を撤回せよ

週刊『前進』(2434号1面1)(2010/04/05 )

 1047名闘争の圧殺を許すな

 4者4団体の一部幹部による闘争団つぶしの攻撃粉砕せよ

 4・28沖縄基地撤去・安保粉砕へ

国鉄1047名解雇撤回闘争の存亡をかけた歴史的な決戦が到来している。

4者4団体の一部幹部は、解雇撤回の23年間の闘いを踏みにじり、売り渡す、これ以上ない大裏切りと圧殺の暴挙にのめり込んでいる。

闘争団一人ひとりに解雇撤回をおろし、不当労働行為を容認させ、裁判継続を断念させる許し難いつぶし攻撃を行っているのだ。

1047名闘争破壊を断じて許すな。

闘う闘争団員つぶしの策動を粉砕せよ。

国鉄闘争勝利への最大の正念場に、渾身の総決起をかちとろう。

 

続きを読む "国鉄1047名の解雇を撤回せよ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天城越え

いきまくってますね

根性ある顔しとるけん 大好き

天城越え

浄蓮の滝

だれかが心中したんだね

 http://www.youtube.com/watch?v=OKrskFTxG4o&feature=related

続きを読む "天城越え"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Unchained Melody

懐かしい歌ですね1965年ですよhttp://www.youtube.com/watch?v=t-idDbIfGvw&feature=related

ゴーストという映画ででも使われていましたねhttp://www.youtube.com/watch?v=P_uBQ9jvAZU&feature=related

U2というアイルランドのダブリン出身で オバマがお気に入りのグループも歌ってますねhttp://www.youtube.com/watch?v=B1j_vyQrWO4&feature=fvw

続きを読む "Unchained Melody"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クラシック音楽入門13 クラシック曲満載

興南 優勝おめでとう

お祝いにクラシック曲 たくさんかけましょうhttp://www.youtube.com/user/0OoFACUoO0#p/f/59/AiVhzto2gyo

続きを読む "クラシック音楽入門13 クラシック曲満載"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

独島は朝鮮(韓国)の領土だ

韓国国会、日本教科書の「竹島領有権表記」を取消し要求案を可決

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0403&f=politics_0403_003.shtml

せいぜいこのくらいが日本人の独島問題への理解http://allabout.co.jp/career/politicsabc/closeup/CU20050313A/

ですが事実はこうですhttp://www.han.org/a/half-moon/hm137.html#No.981

ネット右翼のみなさん

論争しても勝ち目はありませんよ 

これは事実ですから 時間がないのでオヤジの過去ログをみてください

http://mtbclubminato.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post_6f0d.html

続きを読む "独島は朝鮮(韓国)の領土だ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »