« 4月1日からの外注化をとめた動労千葉 | トップページ | 可愛いすぎる洞口さんの絵 »

オバマ 就任後はじめてのアフガン訪問 過去の最大の過ちは勝利の感覚を抱いたことだ

オバマ大統領がアフガン電撃訪問 カルザイ大統領と会談 

2010年3月29日 ASAHI.com

【ワシントン=望月洋嗣】オバマ米大統領は28日、就任以来初めてアフガニスタンを訪れ、カルザイ大統領と会談した。

汚職撲滅や麻薬対策に取り組むよう求めるとみられる。

予定を事前に公表しない電撃訪問だった。

同行記者団によると、オバマ大統領は28日午後8時(日本時間29日午前零時半)ごろに首都カブールの大統領府にヘリコプターで到着。

カルザイ大統領と会談後、閣僚らとも協議した。

ジョーンズ大統領補佐官(国家安全保障担当)は同行記者団に「カルザイ大統領が2期目に注意を払うべき課題について理解してもらうことが目的だ。

能力に基づく官僚の任用や汚職撲滅、麻薬の密輸業者取り締まりなどだ」と説明した。

反政府武装勢力タリバーンとの和解プロセスの重要性にもふれるという。

オバマ大統領「米の急速撤退は崩壊招く」

2009年12月14日

【ワシントン=望月洋嗣】オバマ米大統領は13日に放映された米CBSの番組で、アフガニスタンへの3万人の駐留米軍増派について、就任以来、最も難しい決断だったとの認識を示した。

アフガン戦争を「困難な仕事だ」とし、「過去の最大の過ちは勝利の感覚を抱いたことだ」と指摘した。

「アフガン戦争は戦う価値がない」との世論が多数を占めるなかで増派に踏み切った点については、専門家らの意見を踏まえて「米軍の急速な撤退は大きな間違いになる。

アフガンの崩壊を招く」との結論に至ったと説明した

民間保険会社に委託しなければならない医療保険改革って失敗だったってことでしょう

アフガンはオバマにとって泥沼

でも米帝のトップはそれを自覚しながらやっている

予算案を通した鳩山

自民党もびっくりの超赤字財政 どうやっていくのか

次は国鉄1047名解雇撤回闘争の壊滅と普天間移設

日曜のサンデイ・モーニングみてたら毎日新聞の論説委員が、段階移設案の裏では米帝と既に根回しは終わっていて

普天間は継続しながら 辺野古既定案になります と手打ちしている

そんなに うまい具合には いかせないぞ と追いつめられた鳩山・連合政権打倒へ 日本の労働者階級の底力を振り絞って 闘おう

|

« 4月1日からの外注化をとめた動労千葉 | トップページ | 可愛いすぎる洞口さんの絵 »

人生幸郎的 責任者 出て来い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/401536/33980341

この記事へのトラックバック一覧です: オバマ 就任後はじめてのアフガン訪問 過去の最大の過ちは勝利の感覚を抱いたことだ:

« 4月1日からの外注化をとめた動労千葉 | トップページ | 可愛いすぎる洞口さんの絵 »