« 花はどこへいったの | トップページ | 事業仕分けは道州制の先取り »

愛の賛歌 岩谷時子によって換骨奪胎された日本語版

まずWikiからコピペします

愛の讃歌

愛の讃歌
エディット・ピアフ楽曲
録音 1950年5月2日
ジャンル シャンソン
作詞者 エディット・ピアフ
作曲者 マルグリット・モノー

愛の讃歌(あいのさんか)はフランスのシャンソン歌手、エディット・ピアフ(Édith Piaf)の歌。原題はHymne à l'amour(イムヌ・ア・ラムール)。作詞エディット・ピアフ、作曲マルグリット・モノーシャンソンを代表する名曲として世界中で親しまれている。

歌詞はエディットの恋の相手であったプロボクサーマルセル・セルダンが飛行機事故で亡くなったのを悼んで作られたと言われてきたが、セルダンの生前に書かれた物だと判明している。相思相愛で誰もが知る仲ではあったが、妻子を持つセルダンとの恋愛に終止符を打つ為に書いた物だと考えられている。レコーディング1950年5月2日

歌は人気を集め、ピアフの後も幾度も別の歌手に歌われた(ジョニー・ホリデーの様に歌詞を男性に合わせた場合もあった)。ピアフのトリビュート・アルバムでは、カナダのロック歌手コリー・ハートが歌唱しており、ケベックでは歌手ニコール・マルタン1976年にアルバムの表題曲にしてヒットした。米国の歌手ジョシュ・グローバンフランス語歌詞でこれを歌っている。

日本では岩谷時子の訳詞により越路吹雪が歌ったものが有名である。越路版の『愛の讃歌』が収録されているCD等の売上はトータルで200万枚以上に達する[1]。岩谷の詞は原詞にある愛のためなら宝物を盗んだり自分の国や友達を見捨てたりするという背徳的な内容とは異なったものである。この岩谷訳は、近年では本田美奈子.がアルバムで取り上げた他、桑田佳祐もテレビCMの中でアカペラで歌唱していた。一方、岩谷訳より知名度は低いものの、永田文夫による日本語歌詞は比較的原詞の意味に忠実な内容となっており、美川憲一が歌っている(第56回NHK紅白歌合戦で歌唱)。美輪明宏は自ら訳した日本語詞を台詞として吟じたあと、フランス語の原詞で歌うというスタイルを取っている。

港のシクロオヤジもすっかり岩谷時子の換骨奪胎にだまされていました

原詩の内容がすっかり変えられている

訳者はこういうことをしてはいけない

これは だましだ

岩谷時子というのは 本当にくだらない人である 

歌の意味が180度すりかえられているじゃないか

愛というのを 美辞麗句でしか理解できない まるで労働者階級を愚弄する くだらない小ブルだというのが わかりました

したがって 由紀さおり と 越路吹雪の歌は みると 腹立ってきますから無視

今後 カラオケで 愛の賛歌の岩谷時子訳で 得意げに歌う人をみつけたら

待ったー と 水を浴びせ 能書きをたれて 阻止し 困ったオヤジとして 嫌がられよう

でも美輪明宏はさすが 越路吹雪とは 断然違う

エディット ピアフの歌をわかっています 

許せないんですね岩谷時子訳で歌うことは

彼?の ヨイトマケの唄も きくと涙がでてくるくらい迫力ありますよ

山口 百恵も ちゃんとした 訳で歌っているではないか

よーし http://www.youtube.com/watch?v=lAXeKX-1spE&feature=related   

では エディット・ピアフの歌に込めた意味をじっくりかみしめよう

本当の訳は下の方に出てきますhttp://dogaeigo.blog118.fc2.com/blog-entry-138.html

映画はみてないけど おもしろそうですね

こんな映画評論があったので紹介しますhttp://www.sakawa-lawoffice.gr.jp/sub5-2-b-07-277edithpiaf.htm

<これがホントにあの女優・・・?>
 もともと女は化けるもの。そして女優は化け方のプロ。いくらそう自分を納得させようとしても、私にはこの映画でエディット・ピアフを演じた女優が、『プロヴァンスの贈りもの』(06年)でラッセル・クロウをやり込めていたあのフランス娘のマリオン・コティヤールとはとうてい思えない。また、この映画でマリオン・コティヤールは20歳から47歳までのピアフを演じているが、その落差の大きさにビックリさせられるはず。ピアフは1963年10月11日に47歳で死亡したが、若い時からの大酒飲みと晩年の麻薬そして4回にわたる交通事故の影響などで、実際の年齢よりさらに20歳くらい老けていたらしい。したがって、1975年生まれだから公開時32歳になる健康そのもののマリオン・コティヤールが、そんな老け役を演ずるのは難しいはずだが、彼女はそれを見事に演じきっている。
 さらに驚くのは、プレスシートにはマリオン・コティヤールは身長169センチメートルと書かれているが、ホンモノのピアフは150センチメートルくらいだったらしい。いくら女優でも自分の身長を縮めることはできないが、それでも背中を丸め首を少し突き出したような姿勢をとることによって、いかにも小柄で頼りなさげなエディット・ピアフをスクリーン上に登場させているから、実にお見事。これだけエディット・ピアフの外見に成りきったうえで、マリオン・コティヤールは歌う時の表情はもちろん波乱にみちたエディット・ピアフの愛と挫折の日々を表現力豊かに演じきっている。これでは、アカデミー賞主演女優賞の呼び声がかからないはずがない・・・。

<10歳の子供が『ラ・マルセイエーズ』を・・・>
 エディット・ピアフがパリのベルヴィル地区で生まれたのは1915年。時代は第1次世界大戦の真っ最中だ。ピアフの母親は自称アーティストだが、路上で歌を歌って日銭を稼ぐのがやっとというレベル。そして父親も大道芸人。
 幼児期(5歳までのピアフをマノン・シュヴァリエ)を祖母のルイーズ(カトリーヌ・アレグレ)の経営する娼館で、娼婦のティティーヌ(エマニュエル・セニエ)らにかわいがられながら育ったピアフは、その後父親に引きとられると、サーカスを経ていつしか路上で歌うようになっていた(10歳までのピアフをポリーヌ・ビュルレ)。その最初の舞台は、父親の下手なパフォーマンスに飽きた観客から、「女の子も何か芸を見せろ」と要求されたため。父親から「早く何かやれ!客が逃げてしまうぞ!」とせっつかれたピアフが、そこでとっさに歌ったのは何と『ラ・マルセイエーズ』、すなわちフランス国歌だ。ちなみに、この曲は劇団四季のミュージカル『レ・ミゼラブル』の中で何度も流れるし、オリンピックの国旗掲揚の際もフランス選手が金メダルを取った時には流されるから、日本人もアメリカ国歌と並んで比較的よく知っているはず・・・?
 10歳のピアフが声量豊かに堂々と歌うその声を聴いて私は思わず涙を流しそうになったが、それは歌声のすばらしさ以上にその選曲のため。平和、平和と叫ぶだけで、政治、外交、軍事の処理能力がどんどん低下している今ドキの日本人には、民主主義を闘いとるために血を流すという、このフランス国歌の歌詞の崇高さは全然わからないのでは・・・?そしてそれは、岩谷時子訳の『愛の讃歌』を結婚式で幸せいっぱいの気持で歌っているノー天気な日本人と同じ・・・?
 ちなみに、参考のため吉田進氏の『ラ・マルセイエーズ物語 国歌の成立と変容』(中央公論新書・1994年)から、何度もリフレインされるサビの部分の歌詞を引用すれば、それは次のとおり何とも過激なもの・・・。
「武器を取れ、市民諸君!
 隊伍を整えよ!
 進もう!進もう!
 不浄な血が我々の畝溝に吸われんことを!」

<人生は、出会いと別れのくり返し・・・>
 「人生は、出会いと別れのくり返し」というフレーズはたくさんの曲の歌詞として使われているが、美空ひばりが山口組三代目組長田岡一雄と出会い、その庇護の下に大きく成長したように、エディット・ピアフにも大きな出会いと別れが何度もあったことがこの映画を観ればよくわかる。その人生ドラマはあなた自身が映画を観る中で存分に味わってもらいたいが、ここでその登場人物だけを紹介すれば次のとおりだ。
 第1はパリの路上で歌うピアフの才能を見抜いた、パリ市内の名門クラブ、ジェルニーズのオーナーであるルイ・ルプレ(ジェラール・ドパルデュー)との出会い。「エディット・ガションはパっとしない」というルプレの提案によって彼女はピアフ(雀)という名に改められることに。
 第2は著名な作詞・作曲家であるレイモン・アッソ(マルク・バルベ)との出会い。ルプレと違ってレイモンは、ピアフに対して容赦ないレッスンを課したが、さてそれに対するピアフの反応は・・・?
 第3はこの映画がメインとして描く、プロボクサーのマルセル・セルダン(ジャン=ピエール・マルタンス)との出会い。マルセルに恋いこがれる少女のようなピアフの姿をみると、これがあの図太く生きているエディット・ピアフと同じ人間かと思ってしまうほど・・・?
 以上3人がメインだが、それ以外にも路上で歌っていた少女時代に支え合って生きてきた義姉妹のモモーヌ(シルヴィ・テステュー)やピアフの生涯唯一人のマネージャーであるルイ・バリエ(パスカル・グレゴリー)など大切な人がたくさん登場する。また、あの大女優で歌手のマレーネ・デートリッヒ(カロリーヌ・シロル)や詩人・劇作家・画家のジャン・コクトーなどもピアフの友人。これら多くの人々との出会いと別れの中で、ピアフの人生のよろこびと苦悩が刻まれていき、それがあの歌声によってたくさんの楽曲として表現されることになったわけだ。
http://www.youtube.com/watch?v=V5OXONk9qS8

|

« 花はどこへいったの | トップページ | 事業仕分けは道州制の先取り »

シャウトするR&Bが好き」カテゴリの記事

コメント

全リスナーが英会話教室の生徒ではありません
原詩に忠実な詩を好む人がいれば
歌手に合った意訳を評価する人もいるでしょう
どう楽しむかは個人の自由でしょう

原詩に拘るなら
江利チエミさんのテネシーワルツや
加藤登紀子さんのリリー・マルレーンも
出来そこないになりますね

そうなると
原曲しか聞けなくなってしまいます

投稿: 人其々 | 2016年9月15日 (木) 15時36分

岩屋時子の詩のほうが良い。原詩では日本人には受け入れられないとして変えたのさ。お前の意見はくだらない

投稿: ばか | 2014年4月 6日 (日) 02時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/401536/32295629

この記事へのトラックバック一覧です: 愛の賛歌 岩谷時子によって換骨奪胎された日本語版:

« 花はどこへいったの | トップページ | 事業仕分けは道州制の先取り »