« 奇跡の海 | トップページ | クラッシュ »

純  

 純は無料動画 GYAOでみました

 花柳玄舟や羽仁五郎そして田中小三昌、江波杏子など脇役がなつかしい

 軍艦島も出てきて、ひさしぶりにエロチックな映画でした

 横山監督って他にどんな作品作っているんだろう

 この人の感想と同じなのでコピペします

行間や背景を意識して、「見る」ではなく「観る」。

  • 投稿日:2008/09/13
  • 07点
  • 10点中7点

投稿者:ポー

15人中の15人が「この番組レビュー・口コミは参考になる」と評価しています。

 いわゆるエンターテイメント作品ではないようなので、えっち目線をメインに観てると理解が難しいかもしれないな、と思いました。

  私の理解としてはこの作品、メインテーマはロストバージン。

 ある部分では「スタンドバイミー」にも似た印象が残りました。

  酷評する方々が理解困難だと主張する1番の理由はやはり時代・世代の違いだと思います。  

 制作・公開から時を経た今、男の操なんて少しもありがたみのない時代になりました。(ある面、女の操も?)

 21世紀のセンスで、しかも官能を求めてこの作品を見ても「なんじゃこりゃ」でしょう。

  この作品を現代のセンスに移し替えるなら、主人公はおそらく、腐女子と揶揄されるようなタイプの女性になるのではないかと思います。(タイトルも「ピュア…。」になったりとかね。) 

 体格的・社会的には成長を遂げた主人公、当然内面もそれなりに完成しつつある…人並に性的興味はある…知識もある…欲求は自然と高まってしまう…にも関わらず、心のどこかに未熟であるがゆえの潔癖な感性も残っていて、無意識にそれを大事に思っている。だから恋人とキスもできない。

  自己矛盾。

 身の内に募る衝動をうまくコントロールできず、アブノーマルな形で発露させてしまう。

 主人公の中には「子供」と「大人」が、「純愛」と「欲望」が同居しているんです。

 だから完全に都会に住み慣れてからも子供だった頃の故郷の原風景が時折フラッシュバックするし、遊園地という夢の国でエンジニアという理性的な仕事をしているという設定も意味が深い。

 さらにロストバージン寸前には父親のお墓が見付けられなくなるなど親離れ・子離れの象徴みたいなものも表現されています。

  でもここでこの作品がすごいと思うのは、さらに社会性も盛り込んでいる所。

  当時エコノミックアニマルと呼ばれた日本は、欧米先進国からするとかなり勘に付く嫌な存在だったのだろうと思います。

  日本の狭~い住宅がウサギ小屋に例えられたりするほどですから、常軌を逸した混雑ぶりの通勤電車もあるいはその中で痴漢が頻発することも、海外では知ってる人は知っている事実だったのでしょう。

  日本独特のビジネス手法によって国際的なビジネス界で成功を収めた、イッチョマエでナマイキな日本。

  しかしその日本経済を根底で支える労働者は、綺麗なオネーチャン見掛けると思わず触っちゃうくらいに幼稚で未熟。

  それをドラマティックかつリアルに描いているのですから海外からの評判も良かったというのは理解出来ます。

  もちろん欠点もありますが、総合的にはこの作品、かなり緻密な計算と、奥深い表現と、様々なメタファーで構成されたレベルの高い社会派な文学作品だと思います。

 決してボロクソに言うほど悪い作品じゃありません。

|

« 奇跡の海 | トップページ | クラッシュ »

映画がおもろい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/401536/23741417

この記事へのトラックバック一覧です: 純  :

» 消費者金融 審査甘い [消費者金融 審査甘い]
金融などに関するRSS情報を定期的に収集し、サイトニュースの参考にしているため、トラックバックをさせていただきました。よろしくお願いします。 [続きを読む]

受信: 2008年9月15日 (月) 03時02分

« 奇跡の海 | トップページ | クラッシュ »