« 阪神連敗脱出よかったね | トップページ | 港南労働運動から学ぶ 第一回 »

自衛隊の兵士のみなさん 沖縄で暴力をふるいますか

えーつ自衛隊の兄弟兵士のみなさん 
あの沖縄で暴力をふるうのですか
 
 
 
平和行進 
熱くなるぜ
とびこんできたメール。
『海上自衛隊の掃海(そうか い)母艦「ぶんご」が今日横須賀港から沖縄近海にむけて出港しまし
た。掃海(そうかい)母艦「ぶんご」は、来週にもはじまるキャンプ
シュワブ周辺海域での事前調査の為の機材設置作業を支援するものと見
られています。普天間基地の移設にむけて、那覇防衛施設局ではキャン
プシュワブ周辺海域で、先月から事前調査の準備作業に着手していて、
本格的な調査に向けて、来週にも調査機器を海底に設置するものと見ら
れています。掃海(そうかい)母艦「ぶんご」は、ゴムボートや空気ボ
ンベ、潜水員をのせた後、きょう午前8時30分頃横須賀港を出港した
ということです。掃海(そうかい)母艦「ぶんご」は沖縄近海をめざし
ていて、来週にも行われる調査機器の設置を支援するものと見られてい
ます。防衛施設局の事前調査で海上自衛隊が関与するのは極めて異例な
事です。』
「日本政府も本性を見せてきました。
自衛隊が日本の軍隊として、またまた沖縄の住民を蹂躙していくのです。
軍隊は住民を守らない!
その牙(銃砲)を住民向けようとしています。
このことをどんどん伝えていきましょう!。
そして阻止しましょう!。
座視できません。」
 
 
連帯 
闘争

|

« 阪神連敗脱出よかったね | トップページ | 港南労働運動から学ぶ 第一回 »

人生幸郎的 責任者 出て来い」カテゴリの記事

コメント

おっしゃるとおり、いかにも 国の「軍隊」は民衆・住民を守ったことはありません。とりわけてもこの国ではひどいものでした!
平和を蹂躙するものたちに怒りをぶちまけましょう!
人が辛いとき誰がそばにいてくれるのか、人が苦しいとき誰が聞いてくれるのか、人が楽しいとき誰といて嬉しいのか…。
人々が望む平和な暮らしをあざ笑い、おのが利権をむさぼるために平気で暮らしを破壊する 腐りきった「支配者」を すべての民衆は許しません!

怒っているだろ!若者たち!
怒りにむせぶ若者たち!
日ごろのいらだち・怒りを書き込んで!
言いたいことを言えばいい! 何でも! 
きっとおんなじ思いの人がいる!
そんな思いを一緒にぶちまけよう♪

MTBおじさん!
うちの猫たちは年寄りですがとてもセンシティブ♪
画面がカラフルな方が喜びます♪
いつも楽しみに見ていますので 彼らのために
色々なテーブルを見せてくださると嬉しいです♪

明日はまた新しいページで!
楽しみにしています。

投稿: benten07318 | 2007年5月12日 (土) 03時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/401536/6385461

この記事へのトラックバック一覧です: 自衛隊の兵士のみなさん 沖縄で暴力をふるいますか:

« 阪神連敗脱出よかったね | トップページ | 港南労働運動から学ぶ 第一回 »